医師・研修医募集【大阪府八尾市】− 八尾徳洲会総合病院

ホーム > 後期研修 > 各科プログラム > 救急科 後期研修 > 挨拶・特長

救急科 後期研修(挨拶・特長)

指導医より

救急総合診療部 部長 岩井敦志

415床の急性期病院として、年間6,500件の救急搬送を受け入れている。1日の平均的な病床の稼動は376床程度だが、救急医療では、空いている病床数だけで判断できない側面がある。

八尾市は、西は大阪市、北は東大阪市、南は松原市、藤井寺市、柏原市、東は生駒山脈を境にして奈良県に接している。このため、八尾徳洲会総合病院には広域の医療圏から救急受け入れ要請が入る。 産科、小児科以外の疾患は一応受け入れが可能です。特に脳神経外科は市内で数少ない救急受け入れ可能施設になっています。病院によっては、脳外科対象が疑われただけで救急対応しないこともあり、当院が断れば、他の地域に探しに行くしかありません。脳外科の最後の砦ともいえます。

夜間救急は1〜5年目の研修医が中心となり担当、各科の当直医がバックアップ体制をとる。しかし、救急車から患者さんを運び込むことができる救急総合診療部の診療台は限られています。心肺蘇生(CPR)を行っていたとすれば、他の重症患者さんを受け入れはできません。同様に、仮に病院全体で、満床になっていなくても、交通外傷で明らかに手術が必要なとき手術室が空かなければ断らざるを得ません。ICU(集中治療室)での管理が必要な患者さんの受け入れ要請があったとしても、こちらのICUが一杯の場合もあります。認めたくないが、現場では「機能的な満床」という状態は起こり得るのです。非常に難しい問題です。

救急隊からの問合せが非常に多いため、この断り件数がひと月に100件に達したこともありますが、これは信頼度の反映でもあるはず。

もちろん断らない方がいいに決まっています。病院全体の意識が非常に高いので、医師などの人員の確保が解決されれば、この病院はこれからも地域の期待に応え、救急患者さんを受け入れることができると思います。



ページの先頭へ戻る

後期研修

応募する

お問合せ

初期研修について

新専門医制度について