医師・研修医募集【大阪府八尾市】− 八尾徳洲会総合病院

ホーム > 後期研修 > 各科プログラム > 外科 後期研修 > プログラム詳細

外科 後期研修(プログラム詳細)

研修内容

一般目標(GIO)

日本外科学会に入会し、外科学会専門医修練カリキュラムの到達目標に沿った修練が行え、研修終了時に外科専門医が習得できる。

(1) 外科専門医として、適切な外科の臨床的判断能力と問題解決能力を習得する
(2) 手術を適切に実施できる能力を習得する
(3) 医の倫理に配慮し、外科診療を行う上での適切な態度と習慣を身に付ける
(4) 外科学の進歩に合わせた生涯学習を行うための方略の基本を習得する
(5) 外科学総論、基本的手術手技および一般外科診療に必要な外科診療技術を習得する
(6) 外科サブスペシャリティに共通する外科の基本的問題解決に必要な基礎的知識、技能および態度を習得する

行動目標(SBOs)

1.到達目標
外科診療に必要な下記の基礎的知識を習熟し、臨床応用する

(1) 局所解剖:手術をはじめとする外科診療上で必要な局所解剖について述べることができる
(2) 病理学:外科病理学の基礎を理解している
(3) 腫瘍学:発癌、転移形成およびTNM分類について述べることができる
   手術、化学療法および放射線療法の適応を述べることができる
   抗がん剤と放射線療法の合併症について理解している
(4) 病態生理:周術期管理などに必要な病態生理を理解している
   手術侵襲の大きさと手術のリスクを判断することができる
(5) 輸液・輸血:周術期・外傷患者に対する輸液・輸血について述べることができる
(6) 血液凝固と線溶現象:出血傾向を鑑別できる
   血栓症の予防、診断および治療の方法について述べることができる
(7) 栄養・代謝学:病態や疾患に応じた必要熱量を計算し、適切な経腸、経静脈栄養剤の投与、 管理について述べることができる
   外相、手術などの侵襲に対する生体反応と代謝の変化を理解できる
(8) 感染症:臓器特有、あるいは疾病特有の細菌の知識を持ち、抗生物質を適切に選択することができる
   術後発熱の鑑別診断ができる
   抗生物質による有害事象(合併症)を理解できる
   破傷風トキソイドと破傷風免疫ヒトグロブリンの適応を述べることができる
(9) 免疫学:アナフィラキシーショックを理解できる
   GVHDの予防、診断および治療方法について述べることができる
   組織適合と拒絶反応について述べることができる
(10)創傷治癒:創傷治癒の基本を述べることができる
(11)周術期の管理:病態別の検査計画、治療計画を立てることができる
(12)麻酔学:局所・浸潤麻酔の原理と局所麻酔薬の極量を述べることができる
   脊椎麻酔の原理を述べることができる
   器官挿管による全身麻酔の原理を述べることができる
   硬膜外麻酔の原理を述べることができる
(13)集中治療:集中治療についてのべることができる
   レスピレータの基本的な管理について述べることができる
   DICとMOFを理解できる
(14)救命・救急医療:蘇生術について述べることができる
   ショックを理解できる
   重度外傷を理解できる
   重度熱傷を理解できる

2.到達目標
外科診療に必要な検査・処置・麻酔手技に習熟し、それらの臨床応用ができる

(1) 下記の検査手技ができる
@ 超音波診断:自身で実施し、病態を診断できる
A エックス線単純撮影、CT,MRI:適応を決定し、読影することができる
B 上・下部消化管造影、血管造影等:適応を決定し、読影することができる
C 内視鏡検査:上・下部消化管内視鏡検査、気管支内視鏡検査、術中胆道鏡検査、ERCP 等の必要性を判断することができる
D 心臓カテーテルおよびシネアンギオグラフィー:必要性を判断することができる
E 食道内圧検査、食道24時間pH モニター検査、直腸内圧検査、デフェコグラムなどの消化管機能検査:適応を決定し、結果を解釈できる
F 呼吸機能検査の適応を決定し、結果を解釈できる

(2) 周術期管理ができる
@ 術後疼痛管理の重要性を理解し、これを行うことができる
A 周術期の補正輸液と維持療法を行うことができる
B 輸血量を決定し、成分輸血を指示できる
C 出血傾向に対処できる
D 血栓症の治療について述べることができる
E 経腸栄養の投与と管理ができる
F 抗菌性抗生物質の適正な使用ができる
G 抗菌性抗生物質の有害事象に対処できる
H デブリードマン,切開およびドレナージを適切にできる

(3) 次の麻酔手技を安全に行うことができる
@ 局所・浸潤麻酔
A 脊椎麻酔
B 硬膜外麻酔
C 気管挿管による全身麻酔

(4) 外傷の診断・治療ができる
@ すべての専門領域の外傷の初期治療ができる
A 多発外傷における治療の優先度を判断し、トリアージを行うことができる
B 緊急手術の適応を判断し、それに対処することができる

(5) 以下の手技を含む外科的クリティカルケアができる
@ 心肺蘇生法―ALS(気管挿管,直流除細動を含む)
A 動脈穿刺
B 中心静脈カテーテルおよびSwan-Ganz カテーテルの挿入とそれによる循環管理
C レスピレータによる呼吸管理
D 熱傷初期輸液療法
E 気管切開,輪状甲状軟骨切開
F 心嚢穿刺
G 胸腔ドレナージ
H ショックの診断と原因別治療(輸液,輸血,成分輸血,薬物療法を含む)
I DIC,SIRS,CARS,MOF の診断と治療
J 抗癌剤と放射線療法の有害事象に対処することができる

(6) 外科系サブスペシャルティの分野の初期治療ができ、かつ、専門医への転送の必要性を 判断することができる

3.到達目標
一定レベルの手術を適切に実施できる能力を修得し、その臨床応用ができる
一般外科に包含される下記領域の手術を実施することができる
括弧内の数字は術者または助手として経験する各領域の手術手技の最低症例数を示す

@ 消化管および腹部内臓(50例)
A 乳腺(10例)
B 呼吸器(10例)
C 心臓・大血管(10例)
D 末梢血管(頭蓋内血管を除く)(10例)
E 頭頸部・体表・内分泌外科(皮膚,軟部組織,顔面,唾液腺,甲状腺,上皮小体,性腺,副腎など)(10例)
F 小児外科(10例)
G 外傷(多発外傷を含む)(10例)
H 上記@〜Gの各分野における内視鏡手術(腹腔鏡・胸腔鏡を含む)(10例)

注1
(1) 術者となるときは、指導責任者のもとに執刀する。また、当該分野の指導医また専門医と共に手術することが望ましい。
(2) 「術者」とは、手術名に示された手術の主要な部分を実際に行った者である。「助手」とは、手術の大部分に参加した者である。
(3) 手術経験における「従事」とは、術者、あるいは助手として手術を行うことである。
(4) 「D末梢血管」の手術は、原則として血管自体を露出したり、縫合したりする手技を対象とする。穿刺術は対象としない。
(5) 「F小児外科」の手術は、原則として16歳未満が対象となる。

注2
(1) 修練期間中に術者または助手として、手術手技を350例以上経験する。
(2) 前記の領域別分野の最低症例数を、術者または助手として経験する。
(3) 前記の領域別分野にかかわらず、術者としての経験が120例以上であること。
(注:平成23年1 月25日付の改定から、「5年次以降に、外科専門医の資格を持たない研修中の医師に対して、手術の主要な部分の指導のために助手(指導的助手;teachingassistant)をしたときは、術者の症例数とみなすことができる」という解釈を削除する)
(4) 上記の具体的疾患名・手術手技名については、日本外科学会が編纂する「外科学用語集」を基に別表に定める。
(5) 当該領域での修練中に経験した症例は、原則として当該領域の症例としてカウントする。
(6) 1 件の疾患につき複数の手技が行われていても、1名がカウントできる手術経験は原則として1 例とする。ただし、異なる臓器の異なる疾患に対する同時手術の場合はそれぞれを1例としてカウントできることとするが、手術記録に術式名として記載されていることを要する。(注:平成23年1月25日付の改定から、「切除と再建にそれぞれ長時間を要する手術も、それぞれを1 例としてカウントできる」という例外規定を削除する)
(7) 最低症例数に関わらず、経験した症例はすべて提出する。
(8) @消化管および腹部内臓は、「消化器外科専門医修練カリキュラム」のカテゴリー1 と同等とする。

○手術経験症例数についての基本解釈
到達目標3 の「一定レベルの手術を適切に実施できる能力を修得し、その臨床応用ができる」ためには、手術手技はもちろんのこと、術前のIC や周術期管理なども含めて経験することが、基 本的な外科医教育として望ましい。この理念が尊重されないと、手術を「やりっ放し」の外科医を育成することになりかねない。この観点から350例以上(術者として120例以上)の手術症例を 験することが要求される訳である。

したがって、
1)到達目標3 注2(6)の「…異なる臓器の異なる疾患に対する同時手術の場合はそれぞれを1 例 としてカウントできることとする。ただし、手術記録に術式名として記載されていることを要 する」の「異なる臓器」の定義は,領域(@消化管および腹部内臓、A乳腺、B呼吸器、C心 臓・大血管、D末梢血管、E頭頸部・体表・内分泌外科)が異なる臓器と解釈するが、@消化 管および腹部内臓に限っては、中項目(a.食道、b.胃・十二指腸、c.小腸・虫垂・結腸、d. 直腸・肛門、e.肝臓・胆道・膵臓、f.脾臓、g.腹腔・腹膜・後腹膜、h.臓器移植)までが 異なる臓器と解釈する。

2)手術と同等の効果をもつ内視鏡治療やIVR などの低侵襲治療法は、「一定レベルの手術を適切 に実施できる能力」を養成するのには適当ではないので、原則として含めない。

4.到達目標
外科診療を行う上で、医の倫理に基づいた適切な態度と習慣を身に付ける

(1) 指導医とともにon the job training に参加することにより、協調による外科グループ診療を行うことができる
(2) コメディカルスタッフと協調・協力してチーム医療を実践することができる
(3) 外科診療における適切なインフォームド・コンセントを得ることができる
(4) ターミナルケアを適切に行うことができる
(5) 研修医や学生などに、外科診療の指導をすることができる
(6) 確実な知識と不確実なものを明確に識別し、知識が不確実なときや判断に迷うときには、指導医や文献などの教育資源を活用することができる

5.到達目標
外科学の進歩に合わせた生涯学習を行う方略の基本を習得し実行できる

(1) カンファレンス、その他の学術集会に出席し、積極的に討論に参加することができる
(2) 専門の学術出版物や研究発表に接し、批判的吟味をすることができる
(3) 学術集会や学術出版物に、症例報告や臨床研究の結果を発表することができる
(4) 学術研究の目的で、または症例の直面している問題解決のため、資料の収集や文献検索を独力で行うことができる

方略(LS)

1. 病棟、ICUで手術患者の術前術後の管理を行う
2. 手術室で術者、助手として手術の研鑽を積む
3. 一般外科外来、救急外来にて患者の診療、および治療にあたる
4. ICU入室中患者の診療、および治療にあたる
5. 初期研修医の指導、後輩研修医の指導を行う
(ア)○年目にはチーフレジデントとして後輩研修医の指導に当たると同時に病棟患者の治療方針をたて実践を図る
6. 症例検討会、CPC、抄読会などカンファレンスの中心として研鑽を積む
7. 指導医の定期的な系統講義を受ける
8. 論文発表、学会発表をする

評価(EV)

後期研修の進捗状況を指導医が適宜チェックし、日常診療やカンファレンスでフィードバックを与える。

1. 日本外科学会専門医の資格を取得する
2. 学会誌への論文発表、学会の口頭発表で対外評価を受ける
3. 指導医の通年定期的な口頭試問で評価を受ける
4. 自己評価や指導医、他のスタッフからの評価を受ける

ページの先頭へ戻る

後期研修

応募する

お問合せ

初期研修について

新専門医制度について