医師・研修医募集【大阪府八尾市】− 八尾徳洲会総合病院

ホーム > 初期研修 > 担当医挨拶

担当医挨拶

貴方が求めている初期研修とは?

初期研修はどこでやっても同じではありません。2年後の出来上がり方が大きく違ってきます。
初期研修の2年間は、研修医にとって長くもあり、短くもあります。その2年間で医師としてその後どのように過ごしていくかが決まると私たちは信じ、研修プログラムを作成しています。
我が八尾徳洲会の2年間のプログラムの目標は、
  (1)自分なりの診断学を身につける
  (2)標準的な治療を実行する
  (3)医療人としての常識を身につける
ことです。
初期研修中にしかできないこと、「今」しかできないことを、「今」行うように指導しています。外科系希望であれば、内科研修を一生懸命やるように、また、内科系志望であれば、外科系をしっかり研修するようにと。
後期研修になればやらざるを得なくなることよりも、初期研修にしかできない事を一生懸命研修して欲しいのです。
医師国家試験によって知識は十分に入っているはずです。その知識を実践の中で確認し、さらにその知識を拡大させることが初期研修で求められています。
皆さんが求めている初期研修とはどんなものでしょうか?
自分で考え、自分で行動する2年間を求めている方は多いのではないでしょうか。是非一度当院へ足を運んでみて下さい。

病院長・研修管理委員長 原田 博雅



診療実績(2015年)

【患者統計】 入院:393.1人(1日平均)/外来:859.0人(1日平均)

【救急車搬入件数】 6,492件

【手術件数】 4,315件

検査件数

GIF
5,913
CF
2,689
CT
30,410
MRI
12,217
RI
1,404
心カテ
907
PTCR・PTCA
1,342
心エコー
8,831
胸腹部エコー
17,596
ブロンコ
322

ページの先頭へ戻る

初期研修

お問合せ

後期研修について

新専門医制度について