研修医2次募集

医療法人徳洲会 八尾徳洲会総合病院

電話:072-993-8501ご応募はコチラから

  • 大阪屈指の救急受け入れ件数
  • 経験できる症例数が豊富
  • 研修の特徴
  • 新築移転で最新の医療機器を完備

お気軽にお問い合わせ下さい。

募集・応募フォーム

※(必須)は必須項目です。

お名前(必須)
(例:山田太郎)
E-MAIL(必須)
(例:abc@yao.tokushukai.or.jp)
年齢
性別(必須)
大学名(必須) (例:○○大学)
学年:年・既卒
現住所 郵便番号:
住所:

(例:大阪府八尾市若草町1番17号)
TEL
(携帯可。例:072-993-8501)
面接 ご希望の日程をご入力下さい。
第1希望日: 日〜
第2希望日: 日〜
第3希望日: 日〜
その他

個人情報の取り扱いについて

医療法人徳洲会 八尾徳洲会総合病院は、当院の理念である「生命を安心して預けられる病院」、「健康と生活を守る病院」実現のひとつとして、患者様・利用者様、および職員の個人情報について、適切かつ厳重な取り扱いを行ってまいります。 そこで当院は、その具体的な取り組みとして、個人情報保護方針を定めるとともに、JISQ15001に即した個人情報保護マネジメントシステムを構築し、それに基づき、職員に個人情報保護の重要性を認識させ、個人情報を適切に利用、管理してまいります。

1.個人情報保護法の遵守

当院は、職員に個人情報保護の重要性を認識させ、個人情報を適切に利用し、保護するための個人情報保護マネジメントシステムを構築し、これを着実に実施します。更に、これを維持し、継続的に改善して参ります。

2.個人情報の収集・利用・提供

当院は、医療・介護サービスを提供する立場から、患者様・利用者様のプライバシーの高い個人情報を扱うことを意識し、それぞれの業務に応じた個人情報保護のための管理体制を確立すると共に、個人情報の収集、利用、提供において所定の規則に従い適切に取扱います。

3.安全対策の実施

当院は、個人情報の正確性及び安全性を確保するため、安全対策を実施し、個人情報への不正アクセス、または個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏えい等の予防に努めます。。

4.情報主体の権利尊重

当院は、個人情報の情報主体である患者様・利用者様の権利を尊重し、情報主体から自己情報の開示、訂正もしくは削除、または利用もしくは提供の拒否を求められたときは、社会通念や慣行に照らし合理的な範囲でこれに応じます。

5.法令・規範の遵守

当院は、個人情報の取扱いにおいて当該個人情報の保護に適用される法令及びその他の規範を遵守します。また、当院の個人情報保護マネジメントシステムを、これらの法令及びその他の規範に適合させていきます。

6.個人情報に関する問い合わせ先

個人情報に関する苦情、ご要望、お問い合わせ、およびご相談を、以下の窓口にて承っております。

この方針に関するお問い合わせ窓口 総務課 久木田 政昭
制定日 2005年4月1日
改定日 2009年8月1日
医療法人徳洲会 理事長 鈴木 隆夫
医療法人徳洲会 八尾徳洲会総合病院 病院長 原田 博雅

  ※内容に同意出来ない方はチェックを外して下さい

病院概要

病院名 医療法人徳洲会 八尾徳洲会総合病院
所在地 〒581-0011  大阪府八尾市若草町1-17
連絡先 TEL:072-993-8501 FAX:072-993-8567
創 立 1978年7月1日
病院長 原田 博雅
職員数 850名
医師数 常勤80人
診療科目 内科、呼吸器内科、循環器内科、腎臓内科、消化器内科、糖尿病・代謝内科、内分泌内科、神経内科、リウマチ科、血管透析内科、皮膚科、小児科、救急科、放 射線科、外科、呼吸器外科、整形外科、脳神経外科、心臓血管外科、肝臓外科、形成外科、泌尿器科、眼科、麻酔科、歯科、歯科口腔外科、耳鼻咽喉科、婦人 科、リハビリテーション科、病理診断科、美容外科、肝臓内科、小児外科
病床数 415床
指定区分 基幹型臨床研修病院
二次医療圏 中河内医療圏
救急区分 第二次救急医療機関

貴方が求めている初期研修とは?

研修委員長 原田 博雅初期研修はどこでやっても同じではありません。2年後の出来上がり方が大きく違ってきます。
初期研修の2年間は、研修医にとって長くもあり、短くもあります。その2年間で医師としてその後どのように過ごしていくかが決まると私たちは信じ、研修プログラムを作成しています。

八尾徳洲会の2年間のプログラムの目標は、
(1)自分なりの診断学を身につける
(2)標準的な治療を実行する
(3)医療人としての常識を身につける
ことです。

初期研修中にしかできないこと、「今」しかできないことを、「今」行うように指導しています。外科系希望であれば、内科研修を一生懸命やるように、また、内科系志望であれば、外科系をしっかり研修するようにと。
後期研修になればやらざるを得なくなることよりも、初期研修にしかできない事を一生懸命研修して欲しいのです。
医師国家試験によって知識は十分に入っているはずです。その知識を実践の中で確認し、さらにその知識を拡大させることが初期研修で求められています。
皆さんが求めている初期研修とはどんなものでしょうか?
自分で考え、自分で行動する2年間を求めている方は多いのではないでしょうか。そんな方は、是非一度当院へ足を運んでみて下さい。

院長 原田 博雅

このページの一番上へ